いろいろなタイプがある女性の脱毛症

薄毛や抜け毛などの髪の悩みは男性だけのものと思いがちですが、近年、脱毛症を発症する若い女性が急増しているようで、日本国内で600万人もいるといわれ、男性の数に迫る勢いです。

ですが、男性と女性では、脱毛症のタイプや原因は違います。

脱毛症で悩む男性は、日本国内で1000万人以上といわれていますが、そのほとんどはAGAと呼ばれる男性型脱毛症というタイプです。

この男性型脱毛症の発症に深くかかわっているのがテストステロンという男性ホルモンです。

ただし、このテストステロンが単独で脱毛症を引き起こすわけではありません。

毛根の中には、5αリダクターゼという酵素があり、この酵素とテストステロンが結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質が生成されます。

このジヒドロテストステロンが髪の成長を抑制し、脱毛症を引き起こすわけです。

これに対して女性の脱毛症は、いろいろなタイプがあり、原因もさまざまな要因が絡み合って発症し、男性のようにハッキリとした原因を特定することはなかなかできません。

その中でも最も多いのが、びまん性脱毛症というタイプで、その原因は、加齢、栄養が偏った食事、睡眠不足、女性ホルモンの減少、間違ったヘアケア、ストレスなど多くの要因が挙げられます。

そして、脱毛の進行パターンも男性と女性では違います。

男性型脱毛症は、頭頂部や前頭部から薄くなったり、額の生え際が後退していくパターンですが、びまん性脱毛症は頭髪全体が平均的に薄くなり、徐々に分け目が透けて見えるようになるというパターンです。

その他に、女性によく発症する脱毛症のタイプを挙げると、妊娠や出産時のホルモンバランスの乱れから起こる「分娩後脱毛症」、ポニーテールなどにより、部分的に強く引っ張られることで起こる「牽引性脱毛症」、ストレスが関係するといわれている「円形脱毛症」、フケが毛穴を塞いで炎症することが原因の「ひこう性脱毛症」、過剰に分泌される皮脂によって頭皮が炎症することが原因の「脂漏性脱毛症」など、びまん性脱毛症と合わせて6つのタイプがあります。

これらの女性の脱毛症の対策は、それぞれのタイプに合った対策を施さなければなりませんが、その前に、毎日、十分な睡眠時間を確保し、栄養バランスのよい食事を摂り、ストレスを溜めないなど、規則正しい生活習慣を身に付ける必要があります。

そして、正しいヘアケア法(花蘭咲)やシャンプー法で健康的な髪が育ちやすい頭皮環境に整えることも大切です。

肌の保湿をして、さらに・・・

敏感肌のスキンケアにおいて意識して欲しいこととしては、今からでも「肌の保湿」をしっかりと続けることです。

「肌の保湿」は就寝前のスキンケアの基本でもありますが、敏感肌対策にも効果的です。

また、入浴をすると水分が肌からどんどんなくなっていきます。

そんな肌を乾燥から守っていくために、入浴後は、化粧水と乳液を使用した後に、今度は保湿クリームもつけることをオススメします。

保湿クリームを夜に使用すると肌への潤いが朝まで続き、メイクのノリも良くなります。

ご存知の通り、ヒアルロン酸は人の体にも含まれるタンパク質と結合しやすい性質のゲル状の物質です。

並外れて保湿力が高いため、サプリメントには、ほぼ定番といってよいほどヒアルロン酸が入っています。

加齢に伴って減少する成分なので、積極的に補うようにしましょう。

そして、肌が荒れているのが気になった時には、セラミドを補給してください。

セラミドとは角質層の中にある細胞の間で水分や油分を所持している「細胞間脂質」です。

角質層とは何層にも角質細胞がなっていて、このセラミドの粘着作用のおかげで細胞同士がバラバラにならないでいます。

肌の表面の健康を保つ防御のような働きもあるため、欠けてしまうと肌が荒れてしまうのです。

さらに、肌をケアするためにも、洗顔する時には髪の毛の生え際などの落としづらい部分まで、入念に洗い流しましょう。

大概の人は力強く擦ってしまう場合が多いようです。

そっと泡で円を顔の上で描くように撫でて洗顔しましょう。

洗い流せたら、タオルを使い軽く乗せるように水分をぬぐいさり、絶対に、強い力で拭いたりしないでください。

当たり前ですが、タオルは清潔であることが必要です。

しかし、こうしたスキンケアは、とても大切ですが、将来の美肌の基礎となる重要なことは、食事と睡眠です。

連日、寝る前に過剰なお手入れに時間を取られてしまうのなら、大切なケアだけのシンプルなものにして、できるだけ早く電気を消してベットに入りましょう。