自分の肌に合ったスキンケアで・・・

常日頃、長風呂が好きな私ですがお肌の乾燥対策のために、いつも洗顔後は真っ先に化粧水をつけてから、出来るだけゆっくり入浴を満喫しています。

しかし、真冬の時期は化粧水を使うだけでは入浴後の乾燥が気になるため、化粧水の後に保湿美容液もまんべんなく塗って入浴を続けていますが、この習慣が身につくようになってから乾燥肌が飛躍的に改善されてきました。

ベースとなる化粧品を使用する順番は個人差があると思います。

自分は普段、化粧水、美容液、乳液のやり方でつかいますが、真っ先に美容液を使用するという方もいらっしゃいます。

どの方法が最良で自分のお肌に合致しているお手入れ方法なのかは実際にチェックしてみないと定かではないのではないでしょうか。

そもそも、ひとりひとり肌質は違っています。

普通肌、乾燥肌、敏感肌など、多種多様な肌質がありますが、その中でも、敏感肌の人は、どんなスキンケア商品であってもマッチするわけではありません。

敏感肌は、ちょっとした刺激でも直ぐに反応してしまうので、できれば、刺激の少ない敏感肌専用のスキンケア化粧品がオススメです。

仮に、敏感肌用以外のスキンケア商品でお手入れしてしまうと、肌によくない影響を与えてしまうこともあるので気を付けましょう。

吹き出物が出やすいとお悩みの方には体質改革に取り掛かることをお勧めします。

吹き出物が出る誘因としては甘い物や油分の多い食べ物を体内に取り入れることが挙げられます。

それらを少しも食べないというのは大変ですが、野菜や発酵食品などを豊富に摂取する事によって消化能力がアップし、体質改善も見られます。

お肌の手入れには保湿が一番大事なこととなります。

入浴をすると水分が肌からどんどんなくなっていきます。

そういった乾燥を防止するために、化粧水、乳液を使った後に保湿クリームの使用を推奨します。

夜の間に保湿クリームを肌に塗ると朝まで潤った肌が続き、メイクが肌になじみます。

そして、もし、あなたが、ほうれい線を消したいと思うなら、ビタミンC誘導体を配合した化粧品を使用するといいでしょう。

ビタミンC誘導体は、肌の細胞を活性化する働きがあるのではないかと見られ、コラーゲンを増やすことでよく知られています。