確実に痩せるダイエットは3本柱で・・・

ダイエットといえば、ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動が代表的な運動ですが、最も効果のある心拍数を把握することによって効率よく脂肪の燃焼を高めることができるようになります。

長時間継続するほど、脂肪燃焼する量も増えていきますが、激しい運動になってしまうと筋肉に酸素が行き届かなくなってしまい、逆効果になる場合もありえますので、注意してください。

以前は、20~30分くらい継続して有酸素運動を行わないと、脂肪燃焼しないと言われていましたが、最新の研究では、途中に休息を入れても、トータルの運動量で20~30分くらいに達していれば効果がある、ということが分かりました。

ですので、1日の生活習慣の中で、5分だけでも、10分でも、時間を取れるタイミングで積極的に運動して、トータルの時間数を計算すればいいわけです。

しかし、有酸素運動だけで痩せようとしても、なかなか思うようにはいきません。

その理由は、確かに、有酸素運動は脂肪燃焼という効果がありますが、同時に筋肉も燃焼してしまい、筋肉量が低下します。
筋肉量と基礎代謝量は比例関係にありますので、基礎代謝量が低下して太りやすい体質になってしまうわけです。

基礎代謝量が低下して太りやすくなった体は、1日当たりの総消費量が低下しているので、今まで通りの食事量を摂っていては、過食ということになってしまいます。

例え、有酸素運動で体重が落とせても、ある程度、食事量をセーブしなければ、あっという間に体重は元に戻ってしまいます。
そして、その戻った体重は、すべて脂肪ですから、さらに太りやすい体質になるということで、これは、リバウンドしやすいということでもあります。

そもそも人の体は、運動すればするだけエネルギーを消費するので、自然と食欲が湧き、いつも以上にカロリーを多く摂ってしまいます。

こうしたことから、有酸素運動だけのダイエットは難しいと言えます。

それでは、どんな方法が確実に痩せられるのでしょうか?

確実に痩せるには、無酸素運動、有酸素運動、食事コントロールを3本柱として併行に行うことが大切です。

その中でも、まず最初に取り組んでもらいたいのが、筋力トレーニングなどの無酸素運動です。

筋力トレーニングで、しっかりと筋肉を鍛えてアップすることで、基礎代謝量が高まり、痩せやすい体に変わります。

その上で、有酸素運動を行い、そして、過食状態にならないように、毎日の食事量をコントロールすればいいわけです。

基礎代謝量を高めて痩せやすい体をつくることは、ダイエットの基本です。